カレンダー

August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
看板

予約は必ず必要

宴会や二次会などで居酒屋を利用する場合は、必ず予約をしておくようにします。
このような場合は多くの人数が集まる可能性があります。
もし、予約をしていなければお店の混み具合によっては席を人数分準備できない事も起きてきます。
土日ならなおさらです。
そういう事が続きますとお店選びだけで苦労してしまいます。
それを防ぐためにも事前に来店する居酒屋を決めて予約をしておきます。
また、予約をするのは参加人数が分かってからにします。

お店を選んでいく時
宴会などをするためのお店を選んでいく場合、一番重要な事が参加する人たちの好き嫌いを聞いておく事です。
みんなに楽しめる居酒屋に行くためには、出来る限りみんなの好きな食べ物が多く、嫌いな食べ物が少ない所を選ぶ必要があります。
そのためにも事前にみんなから聞いておく事が必要です。
宴会や二次会は料理が美味しいから楽しめるものです。
ですのでみんなが出来る限り楽しめるような料理がある居酒屋にするのが大事になってきます。

事前に費用を通達
宴会や二次会などで居酒屋に行く事が決まっている時は、参加者全員にその事を知らせる必要があります。
さらに、ただ知らせるだけでなくてどれくらいの費用が必要なのかも知らせる必要があります。
もし、費用を知らせなかった場合には、場合によっては現金が足りない人もでてきます。
それはまずいですので、きちんと費用をお知らせします。
そうする事で払えないという人がでてくる事もないです。
参加者にとっては重要な事ですので、幹事の人はきちんと通達するようにします。

バー

二次会族の本音

忘年会や新年会などの宴会では、一次会の後、必ず二次会が行われます。
一次会で十分飲んでいるのに、二次会は居酒屋というパターンが多いようです。
その理由というのも、二次会では、気の合った仲間とゆったり過ごしたいという本音があるようです。
若い世代は、カラオケなど充分騒げる環境を好みますが、30代、40代の熟年世代になると、カラオケよりも、普段の愚痴を含めた取り留めもない会話で盛り上がる方を選択する傾向が高いです。

居心地の良さ
二次会が居酒屋に定着する傾向は、10年以上前からありました。
サラリーマンにとって、そこそこの費用で、仲間内と語らえる居心地の良さは、他のおしゃれな店では望めません。
かしこまらずにゆったり座れて、ひとつの皿の料理をつつき合える、そんな店が居酒屋なのです。
酒を飲める人も飲めない人も、フランクに物が言える雰囲気が、このような店には溢れています。
故にサラリーマンが仕事の帰りに足を止める、格好の店となりました。

店側の努力
お店の雰囲気が、居酒屋人気を押し上げているのは確かですが、実はそれぞれの店舗での、集客のための努力も功を奏しているのです。
二次会に人気のある店は、二次会セット、三次会メニューなどの、簡単なコース料理を用意したり、女性に人気のある料理を多くすることで、お客を取り込んできました。
かつての一杯飲み屋の雰囲気を残しながら、弛まぬ努力で、大きな進歩を遂げた賜物でもあります。
今後とも店は進歩を続けるでしょう。

アーカイブ

カテゴリー